鼻のぶつぶつを自分で治すのは難しい

MENU

鼻のぶつぶつを自分で治すのは難しい

私は現在40代ですが、もう30年位いちご鼻に悩まされています。若い時に、テープを貼って剥がして角栓を取るという商品が発売された時はすぐに購入しました。確かに、ごっそり取れました。よく見ると残ってる角栓もありましたが、それは私の貼り方が甘いんだろうと思って何回も使いました。その結果、一時的には角栓が取れて綺麗にはなるんですが、毛穴が開いたままで、しばらくしたらそこにまた角栓が詰まるという状態になりました。それに、思い切り剥がすので肌が痛むような気がして、いつの間にか使わなくなりました。もう、仕方ないと思って諦めていました。周りの人達は、何もしなくても鼻が綺麗なのが羨ましくて、よく観察しました。そこで、気付いたんですが、鼻の余計な脂は取った方が良いという事です。あぶら取り紙を使って頻繁に取り除きました。確かに、少しはましな気がしました。そのようなやり方で、何とかしていましたが、40歳を過ぎた頃から、いちご鼻に加えて、毛穴が黒くなってきたのです。当然、今迄より格段に目立つので、これはどうにかしなければと思いました。そんな時、いちご鼻の角栓を優しく取り除いてくれる化粧品コーナーが百貨店にある事を知りました。早速、行きました。初めての経験なので、ワクワクしながら順番が来るのを待ちました。そして、順番が来ました。まず、透明な筒のような物を鼻にあてて、角栓を吸い込んでいきます。掃除機のような感じで、透明の筒の中に取れた角栓が溜まるようになっています。一通り、鼻にあてたら、中身を、見せてくれます。白い物が一杯詰まってました。店員さんは、沢山詰まってますね、と言ってました。そして、普段の手入れの仕方を、聞かれました。店員さんは、今は綺麗になったけれど、しばらくしたらまた角栓が詰まると思うから、手入れの仕方を変えた方がいいと言いました。具体的には、オイルクレンジングはやめた方がいいと言われました。それと、メイクを落とす時に擦り過ぎないようにと言われました。できたら、クリームのクレンジングにした方が良いといわれました。そして、大きな鏡を持ってきてくれてじっくり仕上がりを、見せてもらいました。角栓は、一つ残らず綺麗に取れていました。かなり、古くて頑固な角栓もいくつかあったんですが、見事に取れていて感動しました。やはり、プロがやると違うと思いました。やはり、自分でいちご鼻を治すには限界があり、プロに頼むのが一番だと実感しました。金額も三千円位だったと思うので、お手頃だと思います。